若ハゲを治療して悩みを解消~フサフサヘアーで自信を取り戻す~

頭皮マッサージ

リスクを理解して使うこと

スーツの男性

女性・未成年は使用しない

プロペシアの効果が発見されてから、薄毛の治療は飛躍的に発展してきました。プロペシアには脱毛を防ぐ効果があるとされていますが、もともとは前立腺肥大の治療薬として開発された薬です。この点をまずしっかり抑えましょう。最初から薄毛のための治療薬ではなかった点は重要なところです。薄毛に効くという効果は、実はこの薬を使っていた多くの患者から、抜け毛が減ったという報告がたまたまあったからなのです。ただし、その効果は確かで、薄毛の改善に関しては3年間服用した場合、78%の確率で、現状維持が20%となっており、その合計値は98%となっています。ただし、もともとは男性のための前立腺の薬。女性は使用しないことを心がけてください。特に妊婦さんの場合には、お子様の生殖器に奇形が生じる副作用があると報告されています。未成年の使用も同じく避けましょう。

男性機能に悪影響の可能性

プロペシアの副作用で議論になっているのが、EDです。アメリカFDAは、プロペシアの副作用として、ED、勃起不全の可能性を公式発表し、製品の注意書きにこの記載を促しました。たばこのがんのリスクの記載と同じように書かれています。今のところ、副作用の特定には至っていませんが、これらの症状を訴える患者が少なくないようです。こうした副作用が起こるかもしれないという点は、しっかり理解しておきましょう。その他の副作用は、風邪薬など一般市販薬にも見られるような症状となります。肝機能障害、頭痛や腹痛、下痢や便秘、眠気、頻尿などといった症状です。市販薬に比べて強いというデータはありません。ある程度は安心して利用してもよいでしょう。ただし、肝機能が弱い場合には、使用は控えたほうがよいでしょう。副作用を防ぐためには、病院にかかり、医師から処方されたものを用法・用量をしっかり守って使用することが大切です。安易な個人購入は控えましょう。